コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪物語 みわものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三輪物語
みわものがたり

熊沢蕃山著と伝えられる。8巻。成立年代未詳。社家禰宜公達,居士らによる対話形式で,神仏儒の是非,礼楽盛衰君王の徳,宗廟社稷の由来を論じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android