コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禰宜 ねぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禰宜
ねぎ

神職の一つ。神主の下, (はふり) の上に位し,また神宮や,官幣社国幣社において宮司の命に従って祭事を行い事務を司った。現今では宮司に次ぐ神職

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

禰宜【ねぎ】

神職

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねぎ【禰宜】

神職の名称の一つで,神職の総称としても用いる。もっぱら,祭祀に従事する。伊勢神宮では,祭主大宮司,少宮司の下に禰宜を置いた。その起源については荒木田(あらきだ)神主などの遠祖である天見通命がはじめて補任されたとする(《皇太神宮儀式帳》)。その定員は《延喜式》では内宮・外宮各1員と定めているが,その後逐次増員されて,1304年(嘉元2)以降10員となり現在に至っている。10員の禰宜は,その任叙の次第によって一禰宜,二禰宜などあるいは一神主,二神主などと呼ばれ,第一の者を長官(ちようがん)と称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

禰宜
ねぎ

神社に奉仕する神職の総称。禰宜という語は「労(ね)ぐ」が名詞化したもので、神意を慰めるという義。神を祭り、神に祈(ね)ぐ(祈願)ことをつかさどる職業。古くは神主と祝(はふり)の中間に位置したが、現在の神職制によれば、禰宜は宮司(ぐうじ)・権(ごん)宮司の下、権禰宜の上に位置する。禰宜を初めて置いたのは神宮であり、大宮司の下に10人(現在は12人)置かれ、中世以降は荒木田(あらきだ)氏(内宮(ないくう))と度会(わたらい)氏(外宮(げくう))が世襲した。著名な大社にはたいてい禰宜が置かれ、その上首を長官(神宮)・大(おお)禰宜(鹿島(かしま)神宮)などと称した。宇佐(うさ)神宮には女禰宜もいた。[三橋 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の禰宜の言及

【諸社禰宜神主法度】より

…本法度は5ヵ条からなっている。第1条は〈諸社の禰宜,神主などはもっぱら神祇道を学び,神体を崇敬し,神事祭礼をつとめること〉,第2条は〈社家が位階を受ける場合,朝廷に執奏する公家(寺社伝奏)が前々よりある場合は,これまでどおりとする〉,第3条は〈無位の社人は白張を着すように。白張以外の装束(狩衣など)を着けるときは吉田家の許状を受けること〉,第4条は〈神領はいっさい売買しても質に入れてもいけない〉,第5条は〈神社は小破のときに修理を加えて維持につとめ,掃除を怠らないように〉という内容であった。…

【神職】より

…神祇官には,伯(長官),大・少副(次官)をはじめ,大・少祐,大・少史および神部(かんべ),卜部(うらべ)がおり,そのほかにも御巫(みかんなぎ)などがいた。伊勢神宮では,古来,祭主(さいしゆ),大宮司,少宮司,禰宜(ねぎ)などの職称があった。諸社では,神主(かんぬし),祝部(はふりべ),宮司,禰宜などの語が一般に用いられた。…

※「禰宜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

禰宜の関連キーワード禰宜山伏・祢宜山伏荒木田守武荒木田盛員荒木田久老荒木田守訓高腰を掛く荒木田経雅荒木田氏経度会家行薗田守良水茎盤樟奈良団扇足代弘興度会行忠禰宜山伏三輪物語多田親愛賀茂基久荒木田氏広田正方

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禰宜の関連情報