コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三部教会史 さんぶきょうかいしHistoria ecclesiastica tripartita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三部教会史
さんぶきょうかいし
Historia ecclesiastica tripartita

初期キリスト教会史の書。エウセビオスの『教会史』のあとの時期 (305~439) を扱ったキュロスのテオドレトス,ソクラテスソゾメノスの3書をもとに,カシオドルスのすすめでエピファニウスがラテン語に訳編した 12巻本 (6世紀) 。難点はあるが,中世,ルネサンス期に普及した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報