三都半島(読み)みとはんとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三都半島
みとはんとう

香川県北東部、小豆島(しょうどしま)南部に突出する半島。小豆(しょうず)郡小豆島町に属す。先端の釈迦ヶ鼻(しゃかがはな)には地蔵崎灯台があり、その北東の谷尻(たにじり)集落は1976年(昭和51)9月の台風17号による土石流で壊滅状態となり、24人の死者を出した。南西部の崩鼻(くずれはな)は讃岐(さぬき)岩質玄武岩の柱状節理が発達し、大規模な採石が行われている。権現(ごんげん)崎の皇子(おうじ)神社のウバメガシからなる社叢(しゃそう)は国の天然記念物に指定。[坂口良昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三都半島の関連情報