コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三野狐 みのの きつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三野狐 みのの-きつね

?-? 奈良時代の女性。
日本霊異記(りょういき)」によれば,狐を母として生まれた子の子孫とされ,聖武(しょうむ)天皇(在位724-749)のころ美濃(みの)(岐阜県)小川にすみ,大柄で力がつよく往来する商人の物をうばって生活していた。これをきいた尾張(愛知県)の小柄な力女に韃(むち)で打たれ,市から追放されたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の三野狐の言及

【小川市】より

…《日本霊異記》中巻4にみえる説話によってその存在が知られる。すなわち,三野(美濃)国片県(かたかた)郡の小川市に三野狐(みののきつね)という大力の女が住み,往還の商人を迫害し物資を強奪していた。一方,尾張国愛智郡片輪(かたわ)里(現,名古屋市中区古渡付近)にすむ道場法師の孫という強力の女はこれを聞き,蛤50斛,熊葛(くまつづら)の練韃(ねりむち)20段を船に積んで小川市にのりつけ,三野狐を打ちこらしめて退散させ,市の人を安心させたという。…

※「三野狐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三野狐の関連キーワード奈良時代小川市

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android