コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三面大黒 サンメンダイコク

デジタル大辞泉の解説

さんめん‐だいこく【三面大黒】

正面に大黒天、右面に毘沙門天、左面に弁才天の三面をもつ大黒天。仏・法・僧の三宝を守護するという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三面大黒の言及

【大黒天】より

… 日本においては最澄(伝教大師)がこれをことに尊崇し,比叡山の政所大炊屋には伝教大師作と伝える大黒天像が政所の本尊としてはもちろん,全山の守護神として安置されていたことが《叡岳要記》にみえる。政所大炊屋安置の像は毘沙門天,弁財天,大黒天の3天合体の像で,正面に大黒天が立ち,他の2天は背後から両手と顔だけをのぞかせ,三面大黒といわれたと伝える。三面と六臂が表されることは胎蔵界曼荼羅の場合と同じであるが,中央の大黒天は袍衣を着て頭巾をかぶる。…

※「三面大黒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android