コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三面 サンメン

デジタル大辞泉の解説

さん‐めん【三面】

三つの面。
三つの方面。「三面から包囲する」
仏像などで、一つの胴体に顔が三つあるもの。
新聞が4ページであったころは第3ページが社会面であったところから》新聞の社会面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みおもて【三面】

新潟県北部の岩船郡にある三面川の上流山間にある集落。平氏の落人小池大炊介(おおいのすけ)なる人が開いたと伝承され,この家系が住民を支配して明治に至った。旧村上藩領であったが東方の峠を越えて米沢藩域との交流も多い。いずれの道も嶮峻で馬や牛の荷送りが困難なため,山中の秘境という感覚で他からはみられていた。主要な生業は狩猟,河川漁業,山菜採取などだが,水田も比較的多くそれに山畑を耕して自給生活を営んできたようである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんめん【三面】

三つの面。三つの方面。
〔新聞が四ページであった頃、第三ページに社会記事を主に載せたことから〕 新聞の社会面。
一体で三つの顔があること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三面の関連キーワード貯蓄・投資バランス・アプローチジャン・ジャック ゴーチェ三面等価の原則朝日(新潟県)金剛夜叉明王十一面観世音不空羂索観音三面記事小説玄象・玄上債務引受け朝日〈村〉降三世明王三面大黒天摩利支天三宝荒神金剛福寺三面大黒瀬波温泉木村壱平三面六臂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三面の関連情報