コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宝 さんぼう tri-ratna

6件 の用語解説(三宝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宝
さんぼう
tri-ratna

仏教用語。仏,法,僧 (教団) の3つ。これらは,世の宝ともいうべきものであるとして,三宝と称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぼう【三宝】

[名]
仏語。仏と、仏の教えである法と、その教えを奉じる僧の三つの宝。仏・法・僧。
の異称。
《「孟子」尽心から》諸侯の三つの宝で、土地と人民と政事。
道家(どうか)で、耳と目と口。
三方2」に同じ。
[接尾]名詞、形容動詞の語幹、副詞などに付く。
その意味を強める。
「先刻(さっき)から首を長くして、もう帰(けえ)るか、もう帰るかと思ふに、再び―帰るもんぢゃあねえ」〈滑・浮世風呂・前〉
思いのままにするという意を表す。ほうだい。
「病人のいひなり―にして上げなせえ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三宝【さんぼう】

仏教で信仰の対象となるもの。仏・法・僧の三つ。仏は釈迦,法はその説いた経典・教説,僧は教えを守る和合衆をいう。本質は一つと説かれ,末世には仏像・経巻・出家をいう。
→関連項目三宝絵詞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんぼう【三宝】

仏,法,僧の三つをいう。仏とは悟りを開いた人,また法とは仏の説いた教え,僧とは仏の教えに従って悟りを目ざして修行する出家者の集団(サンスクリットで〈サンガ〉。〈僧〉または〈僧伽(そうぎや)〉はその音写)。これら三つは仏教を構成する最も基本的な,また重要な要素であるので,これを世の宝にたとえて〈三宝〉と称する。歴史的には仏は釈尊ひとりで,南方仏教では現に今も釈尊一仏しか認めないが,後の大乗仏教では過去・未来・現在の三世(さんぜ)に無数の仏の存在を認めるようになり,また仏身論の発達などによって仏の解釈にもさまざまな変化が見られるようになると,それに伴って三宝の内容も種々に解釈されるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんぼう【三宝】

[0] ( 名 )
三種の宝。
〘仏〙
仏と、仏の教えである法と、その教えをひろめる僧。仏・法・僧。
仏の異名。 「 -のいとかしこく褒め給ふ事なり/源氏 手習
道家で、耳・目・口。
( 接尾 )
名詞、形容動詞の語幹、副詞などに付く。
思いのままにする、また、思いのままにさせる、という意を表す。…ほうだい。 「病人のいいなり-にしてあげなせえ/滑稽本・浮世風呂 2
上の語の意味を強める。 「再び-帰るもんぢやあねえ/滑稽本・浮世風呂

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三宝
さんぼう

仏教の用語。サンスクリット語のトリーニ・ラトナーニtri ratnni、トリ・ラトナtri-ratnaまたはラトナ・トラヤratna-trayaの訳であり、「三種の宝」の意。仏(ブッダBuddha)と法(ダルマDharma)と僧(サンガSagha)の三つをいう。この三つは仏教徒が尊崇すべき基本であるので、世の宝に譬(たと)えて三宝と称する。
 仏宝とは悟りを開いた人で仏教の教主を、法宝とはその仏の教えで真実の理法を、僧宝とは仏の教えのもとで修行する出家者の和合の教団をさす。古く原始仏教において、仏教を構成する根本的要素と考えられ、後代には三宝の見方について種々な解釈が行われた。三宝はそれぞれ別異なものであるとみなす説(別相(べっそう)三宝)、本質的に同一であるとみなす説(一体三宝)、あるいは仏像と経巻と出家者は仏教を維持し伝えていく意味での三宝であるとみなす説(住持(じゅうじ)三宝)などがある。三宝は仏教のあるところかならず存在し、三宝に帰依(きえ)すること(三帰依または三帰という)は仏教への入信の最初の要件とされる。[藤田宏達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三宝の言及

【仏教美術】より

…仏教は本来釈迦を起点として展開するものだけに,それ自体有機的な発展をとげたものである。古来〈仏〉〈法〉〈僧〉の三宝(さんぼう)は仏教の基本大系であり,時・空間を超えた広がりをもつ仏教美術もまた,これを軸として考えると,統一的にとらえることができるだろう。 釈迦の求め得たものは〈法〉であり,法こそは仏教の中核をなすものである。…

※「三宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三宝の関連キーワードボラン一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸かんからぐらぐら硬鋼ざらぱさぱさぶわぶわ不変系

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三宝の関連情報