三宝(読み)さんぼう

精選版 日本国語大辞典「三宝」の解説

さん‐ぼう【三宝】

[1] 〘名〙 三種のの意。
語。仏と、仏の教えを説いた経典と、その教えをひろめる。仏法僧。また、仏の教え、仏法をさす。三尊(さんぞん)
※書紀(720)用明二年四月(北野本南北朝期訓)「、三宝(サムホウ)に帰(よ)りまつらむと思ふ。卿等(いましたち)議れ」 〔観無量寿経〕
② 仏の異称。
※書紀(720)敏達一四年六月「臣の疾病(やまいおも)りて、今に至るまでに愈(い)えず。三宝の力を蒙ぶらずは、救ひ治むべきこと難し」
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「所以礼拝三宝、無日不一レ勤、〈略〉敬重百神、鮮夜有一レ闕」
③ (「孟子‐尽心下」の「孟子曰、諸侯之宝三、土地・人民・政事、宝珠玉者、殃必及身」から) 土地と人民と政事。〔書言字考節用集(1717)〕
④ (「老子‐第六七章」の「我有三宝、持而保之、一曰、二曰、三曰不敢為天下先」から) 慈と倹と、天下に先立って事をなさないこと。〔書言字考節用集(1717)〕
⑤ 道家で耳・目・口(外三宝)、また、元精・元炁・元神(内三宝)をいう。〔参同契‐関犍三宝章〕
⑥ 農と工と商。〔書言字考節用集(1717)〕 〔六韜‐文韜・六守〕
⑦ 農・工・商によって供給される食物と資材と製品。〔史記‐貨殖伝〕
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)一「畳の上に座して、三宝(サンボウ)の土器(かはらけ)を三度かたふけ」
[2] 〘接尾〙
① (副詞「ゆめ」などに付いて) その意味を強める。
※三河物語(1626頃)二「取ってもどし、鑓を引ずりて、頭を傾て虚空(こくう)三宝(ボウ)に逃行処え」
② 思いのままにする意を表わす。…し放題。
※浄瑠璃・倭仮名在原系図(1752)一「猿猴か月夜に構はず投げやり三ぼう」
[補注]「日葡辞書」には「sanbô(サンボウ)」とあり、また、節用集類も「サンボウ」。ヘボンの「和英語林集成(初版)」も sambō とする。サンポウの例は、文献には見出しがたいが、西日本の方言に散見する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「三宝」の解説

三宝
さんぼう

仏教の用語。サンスクリット語のトリーニ・ラトナーニtrīi ratnāni、トリ・ラトナtri-ratnaまたはラトナ・トラヤratna-trayaの訳であり、「三種の宝」の意。仏(ブッダBuddha)と法(ダルマDharma)と僧(サンガSagha)の三つをいう。この三つは仏教徒が尊崇すべき基本であるので、世の宝に譬(たと)えて三宝と称する。

 仏宝とは悟りを開いた人で仏教の教主を、法宝とはその仏の教えで真実の理法を、僧宝とは仏の教えのもとで修行する出家者の和合の教団をさす。古く原始仏教において、仏教を構成する根本的要素と考えられ、後代には三宝の見方について種々な解釈が行われた。三宝はそれぞれ別異なものであるとみなす説(別相(べっそう)三宝)、本質的に同一であるとみなす説(一体三宝)、あるいは仏像と経巻と出家者は仏教を維持し伝えていく意味での三宝であるとみなす説(住持(じゅうじ)三宝)などがある。三宝は仏教のあるところかならず存在し、三宝に帰依(きえ)すること(三帰依または三帰という)は仏教への入信の最初の要件とされる。

藤田宏達

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「三宝」の解説

さん‐ぼう【三宝】

[名]
仏語。仏と、仏の教えである法と、その教えを奉じる僧の三つの宝。仏・法・僧。
の異称。
《「孟子」尽心から》諸侯の三つの宝で、土地と人民と政事。
道家どうかで、耳と目と口。
三方2」に同じ。
[接尾]名詞、形容動詞の語幹、副詞などに付く。
その意味を強める。
先刻さっきから首を長くして、もうけえるか、もう帰るかと思ふに、再び―帰るもんぢゃあねえ」〈浮世風呂・前〉
思いのままにするという意を表す。ほうだい。
病人のいひなり―にして上げなせえ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「三宝」の解説

三宝【さんぼう】

仏教で信仰の対象となるもの。仏・法・僧の三つ。仏は釈迦,法はその説いた経典・教説,僧は教えを守る和合衆をいう。本質は一つと説かれ,末世には仏像・経巻・出家をいう。
→関連項目三宝絵詞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三宝」の解説

三宝
さんぼう
tri-ratna

仏教用語。仏,法,僧 (教団) の3つ。これらは,世の宝ともいうべきものであるとして,三宝と称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「三宝」の解説

三宝 (ミタカラ)

植物。ラン科の常緑多年草,園芸植物,薬用植物。セッコクの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典 第2版「三宝」の解説

さんぼう【三宝】

仏,法,僧の三つをいう。仏とは悟りを開いた人,また法とは仏の説いた教え,僧とは仏の教えに従って悟りを目ざして修行する出家者の集団(サンスクリットで〈サンガ〉。〈僧〉または〈僧伽そうぎや)〉はその音写)。これら三つは仏教を構成する最も基本的な,また重要な要素であるので,これを世の宝にたとえて〈三宝〉と称する。歴史的には仏は釈尊ひとりで,南方仏教では現に今も釈尊一仏しか認めないが,後の大乗仏教では過去・未来・現在の三世(さんぜ)に無数の仏の存在を認めるようになり,また仏身論の発達などによって仏の解釈にもさまざまな変化が見られるようになると,それに伴って三宝の内容も種々に解釈されるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の三宝の言及

【仏教美術】より

…仏教は本来釈迦を起点として展開するものだけに,それ自体有機的な発展をとげたものである。古来〈仏〉〈法〉〈僧〉の三宝(さんぼう)は仏教の基本大系であり,時・空間を超えた広がりをもつ仏教美術もまた,これを軸として考えると,統一的にとらえることができるだろう。 釈迦の求め得たものは〈法〉であり,法こそは仏教の中核をなすものである。…

※「三宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android