三面の大黒(読み)さんめんのだいこく

精選版 日本国語大辞典「三面の大黒」の解説

さんめん【三面】 の 大黒(だいこく)

正面に大黒天、右面に毘沙門天(びしゃもんてん)、左面に弁才天と三つの顔を身に合わせ持つ大黒天。仏・法・僧の三宝を守護するといわれ、比叡山をはじめ各地にまつる。三面大黒。三面大黒天。
※虎明本狂言・夷大黒(室町末‐近世初)「比叡山の三面の大黒は、いづれの大こくよりも霊験(れいげん)あらたにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android