上つ世(読み)カミツヨ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐つ‐よ【上つ世/上つ代】

大昔。上代。古代。
開闢(かいびゃく)より光仁天皇の御までをおしなべて―といふ」〈あゆひ抄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かみ【上】 つ=世(よ)[=代(よ)

大昔の時代。上代。上古。
※にひまなび(1765)「上つ代をしたふもの、同じく是をよしとはせねど、はた後の史などを見むに、此学せではあるべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる