コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あゆひ抄 あゆいしょう

世界大百科事典 第2版の解説

あゆいしょう【あゆひ抄】

文法書。5巻6冊。富士谷成章著。1773年(安永2)成稿,78年刊(活版本として松尾捨治郎の校注本,国語学大系本がある)。成章は,いっさいの単語を名(体言),装(よそい)(用言),挿頭(かざし)(副詞・接頭語の類),脚結(あゆい)(助詞・助動詞・接尾語の類)の4種に分類したが,本書は,《挿頭抄》(1767),《装抄》(伝わらない)に対して,脚結を5種50類にわけ,その一々の語について,接続,意味用法,時代的変化,証歌を注したもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あゆひ抄
あゆいしょう / 脚結抄

江戸時代の文法書。5巻6冊。富士谷成章(ふじたになりあきら)著。1773年(安永2)ごろ成立し、1778年に刊行された。内容はおもに「あゆひ(脚結)」(助詞、助動詞にあたる成章の用語)についての記述的文法であり、姉妹編ともいえる『かざし抄』(1767年成立。感動詞などを扱う)とあわせて、近代的な品詞分類の概念を初めて提示したことで知られる。また用言の活用についても、本居宣長(もとおりのりなが)・春庭(はるにわ)らに先駆けて体系的な新見を示した。このようにきわめて優れた著作であったが、後継者に恵まれず、その後の江戸期の文法学説には直接の影響は与えなかった。しかし明治になって、山田孝雄(よしお)の文法論にその一部が取り入れられて、広く知られるようになった。[近藤泰弘]
『中田祝夫・竹岡正夫著『あゆひ抄新注』(1960・風間書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のあゆひ抄の言及

【国語学】より

…中で,最も見るべきものは,義門の《玉の緒繰分》と,中島広足の《詞の玉緒補遺》である。つぎに,成章の研究は,《挿頭抄(かざししよう)》と《あゆひ抄》とによって伝わっている。なかんずく,《あゆひ抄》が重要である。…

※「あゆひ抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

あゆひ抄の関連キーワード俳諧天爾波抄上つ世品詞