上中啓三(読み)うえなか けいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「上中啓三」の解説

上中啓三 うえなか-けいぞう

1876-1960 明治-昭和時代の化学者。
明治9年6月29日生まれ。東京衛生試験所をへて,明治33年ニューヨークの高峰譲吉助手となる。同年高峰とともに世界ではじめて副腎からホルモン抽出,結晶化に成功し,アドレナリン命名。帰国後三共にはいり,大正9年アドレナリンの国産化を指導した。昭和35年1月11日死去。83歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上中啓三の言及

【高峰譲吉】より

…94年小麦ふすまの麴からタカジアスターゼの抽出に成功,特許を得て,パーク・デービス社より強力消化剤として発売した(日本においては1913年に三共(株)を設立し,独占販売権をゆだねた)。また同社の依頼を受け,上中啓三と協力してウシの副腎から有効成分の抽出を手がけ,1900年ホルモンとして最初の結晶化に成功し,アドレナリンと命名した。12年学士院賞受賞。…

※「上中啓三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android