コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上中啓三 うえなか けいぞう

1件 の用語解説(上中啓三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上中啓三 うえなか-けいぞう

1876-1960 明治-昭和時代の化学者。
明治9年6月29日生まれ。東京衛生試験所をへて,明治33年ニューヨーク高峰譲吉の助手となる。同年高峰とともに世界ではじめて副腎からホルモンの抽出,結晶化に成功し,アドレナリンと命名。帰国後三共にはいり,大正9年アドレナリンの国産化を指導した。昭和35年1月11日死去。83歳。兵庫県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の上中啓三の言及

【高峰譲吉】より

…94年小麦ふすまの麴からタカジアスターゼの抽出に成功,特許を得て,パーク・デービス社より強力消化剤として発売した(日本においては1913年に三共(株)を設立し,独占販売権をゆだねた)。また同社の依頼を受け,上中啓三と協力してウシの副腎から有効成分の抽出を手がけ,1900年ホルモンとして最初の結晶化に成功し,アドレナリンと命名した。12年学士院賞受賞。…

※「上中啓三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

上中啓三の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済秋月の乱スラブ音楽

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上中啓三の関連情報