コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高峰譲吉 たかみねじょうきち

8件 の用語解説(高峰譲吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高峰譲吉
たかみねじょうきち

[生]嘉永7(1854).11.3. 高岡
[没]1922.7.22. ニューヨーク
応用化学者。工部大学校化学科卒業 (1879) 後,イギリスに留学。帰国後専売特許局次長となった。過リン酸肥料を研究し,日本の人造肥料工業の緒を開いた。 1890年アメリカに渡り,タカジアスターゼを創製 (1894) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかみね‐じょうきち〔‐ジヤウキチ〕【高峰譲吉】

[1854~1922]応用化学者。富山の生まれ。英国留学後、和紙・製塩・酒造の研究に従事。渡米し、タカジアスターゼを創製、アドレナリンを発見。後年、米国に帰化。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高峰譲吉【たかみねじょうきち】

応用化学者。加賀藩医高峰元陸の長男として,現在の富山県高岡市生まれる。1879年東大工学部卒業後英国に留学,帰国後農商務省,専売特許局などに勤務,1884年のニューオーリンズ万国工業博以来,たびたび米国に渡り,のちアメリカに帰化。
→関連項目アドレナリン三共[株]ジアスターゼ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高峰譲吉 たかみね-じょうきち

1854-1922 明治-大正時代の化学者。
嘉永(かえい)7年11月3日生まれ。イギリス留学ののち農商務省技師となる。明治23年アメリカにわたり化学研究所を設立。27年タカジアスターゼの創製,33年アドレナリンの結晶化に成功。国民科学研究所(現理化学研究所)の設立に尽力,三共商店(現三共)を設立した。45年学士院賞。大正11年7月22日ニューヨークで死去。69歳。越中(富山県)出身。工部大学校(現東大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高峰譲吉

没年:大正11.7.22(1922)
生年:安政1.11.3(1854.12.22)
明治大正期の化学者。日本で最初期の近代的化学者として知られる。越中国(富山県)高岡の医者高峰精一の息子。11歳で長崎に留学し,オランダ語,英語を学び,のち京都,大坂で医学を修め,次いで大坂の舎密学校で化学を勉強するにおよんで,将来の目的が定まった。維新後上京して工学寮に明治5(1872)年入学,12年工部大学校を卒業。翌13年から3年間イギリス留学,グラスゴーを中心に調査・研究を続け,16年帰国後,実学を目指して,大学に残らず,農商務省に就職。翌17年ニューオーリンズの万国工業博覧会に出張してリン酸肥料に注目し,その国産化を目指して,渋沢栄一,大倉喜八郎らと東京人造肥料会社を設立するとともに,アメリカでは特許業務にも関心を寄せ専売特許局次長として発明の推進にも力を注ぐことになる。なおこのときのアメリカ滞在中にキャロラインと知り合い,20年に結婚している。後半生をアメリカで過ごすことになる下地はそこにもあった。 23年清酒の醸造における麹菌の改良で特許を取り,アメリカのウイスキー醸造への応用技術開発のために渡米,小麦のフスマから元麹を得ることに成功したが,事業は業者の反対もあって実らなかった。しかし,この研究の副産物として27年に酵素の複合体であるタカジアスターゼの抽出に成功しパーク・ディビス社から強力消化薬として発売,日本では三共製薬を大正2(1913)年に創設してそこから独占販売することになった。また,明治33年ウシの副腎から抽出されるホルモンの結晶化にも成功し,これにアドレナリンの名称を与えた。晩年はアメリカに帰化したが,日本の科学技術の発展にも意を払い,国民科学研究所(のちの理化学研究所)の設立にも関与,日本の学士院会員にも選ばれた。ニューヨークで没する。<参考文献>山科樵作「高峰譲吉先生」(『化学』17巻)

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかみねじょうきち【高峰譲吉】

1854‐1922(安政1‐大正11)
応用化学者。加賀藩典医の高峰元陸(げんろく)(のち,精一と改名)の長男として,現在の富山県高岡市に生まれる。藩校明倫堂で学んだ後,11歳のときに長崎に留学。引き続き京都の安達兵学塾,大坂の適塾,七尾語学所,大坂医学校で学び,さらに大阪舎密(せいみ)学校でリッターH.Ritterに分析術を学ぶ。1872年上京して工部省工学寮を経て,73年工部学校(1878年に工部大学校に昇格,東京大学工学部の前身となる)に入学。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たかみねじょうきち【高峰譲吉】

1854~1922) 応用化学者。富山県高岡生まれ。工部大学校第一回卒業生。イギリスに留学後、農商務省で和紙・酒造研究に従事。のち渡米し、アドレナリンの分離、タカ-ジアスターゼの抽出その他の発見・発明をした。理化学研究所の設立に貢献。晩年はアメリカに帰化。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高峰譲吉
たかみねじょうきち
(1854―1922)

応用化学者。嘉永(かえい)7年11月3日、加賀藩典医高峰元陸(げんろく)の長子として高岡に生まれる。藩校明倫堂に学び、選抜されて長崎に留学(1865)、京都の安達兵学塾(あだちへいがくじゅく)、大阪の適塾(てきじゅく)、大阪仮病院(のち大阪医学校)に学び、大阪舎密局(せいみきょく)へ聴講に行き分析術を学び、1879年(明治12)工部大学校(東京大学工学部の前身)化学科第1回卒業生となった。その後、イギリス、グラスゴー大学へ留学、帰国後農商務省工務局に勤務、和紙・製塩・清酒醸造の改良研究に従事、専売特許局次長と分析課長となった。また1887年渋沢栄一らと日本最初の人造肥料会社を設立、過リン酸石灰を製造、さらには高峰元麹(もとこうじ)改良法の特許を得(1890)、アメリカへ渡り、麹から強力消化剤タカジアスターゼを創製(1892)して特許を得(1894)、パーク・デビス社から市販されることとなり同社顧問となった。
 ニューヨークに高峰研究所を設け、同社依頼の副腎(ふくじん)髄質ホルモンの抽出を行い、1901年(明治34)弟子上中啓三(うえなかけいぞう)(1876―1960)とともにその有効成分の一つを結晶状に単離し、アドレナリンと名づけた。これは世界の化学界で競争されていたホルモン初の結晶化であり、1912年帝国学士院賞第一号を受けた。翌1913年(大正2)帰国し、「国民科学研究所」を創立することが軍艦をつくるより価値のあることと説き、この提案は理化学研究所の創立となって実現した。三共株式会社の社長を務めるかたわら、カロラインCaroline夫人(1866―1954)(アメリカ人)とともに日米文化交流に尽くし、大正11年7月22日ニューヨークで没した。[岩田敦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高峰譲吉の言及

【アドレナリン】より

高峰譲吉によって結晶形として得られた最初のホルモン。エピネフリンepinephrineとも呼ばれ,芳香族アミノ酸から生成されるアミン類であるカテコールアミンcatecholamineの一つ。…

※「高峰譲吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

高峰譲吉の関連キーワード安政安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛枕状熔岩安政地震下田条約嘉永了仙寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高峰譲吉の関連情報