上原 真佐喜(初代)(読み)ウエハラ マサキ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

上原 真佐喜(初代)
ウエハラ マサキ


職業
箏曲家(山田流)

本名
上原 幸太郎

生年月日
明治2年 10月3日

出生地
東京

経歴
9歳で山田流の千代田検校の浅井千束に入門。21歳で奥村真佐古に師事して、その後継者となる。歌物を得意とし、作品に「春の朝」「里の四季」「落花の誉」などがある。大正12年山田流箏曲協会が設立され副会長に就任。社中で真磨琴会を組織、初代会長をつとめた。没後50年には「初代上原真佐喜芸話」が出版された。

没年月日
昭和8年 7月10日 (1933年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

上原 真佐喜(初代) (うえはら まさき)

生年月日:1869年10月3日
明治時代-昭和時代の山田流箏曲家
1933年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android