上原 真佐喜(初代)(読み)ウエハラ マサキ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

上原 真佐喜(初代)
ウエハラ マサキ


職業
箏曲家(山田流)

本名
上原 幸太郎

生年月日
明治2年 10月3日

出生地
東京

経歴
9歳で山田流の千代田検校の浅井千束に入門。21歳で奥村真佐古に師事して、その後継者となる。歌物を得意とし、作品に「春の朝」「里の四季」「落花の誉」などがある。大正12年山田流箏曲協会が設立され副会長に就任。社中で真磨琴会を組織、初代会長をつとめた。没後50年には「初代上原真佐喜芸話」が出版された。

没年月日
昭和8年 7月10日 (1933年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

上原 真佐喜(初代) (うえはら まさき)

生年月日:1869年10月3日
明治時代-昭和時代の山田流箏曲家
1933年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android