コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代田検校 ちよだけんぎょう

1件 の用語解説(千代田検校の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千代田検校 ちよだけんぎょう

?-1862 江戸時代後期の箏曲(そうきょく)家,作曲家。
山田検校の門にはいって山田流箏曲をまなぶ。師の没後は初代山登検校に師事した。天保(てんぽう)4年検校となる。文久2年死去。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は松恵一。作品に「石山源氏」「竹生島」「五月雨」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の千代田検校の言及

【竹生島】より

…(3)山田流箏曲 奥歌曲。千代田検校作曲。能の詞章を縮約したもの。…

※「千代田検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

千代田検校の関連キーワードサイゴン条約黒住教有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)菊池教中柴山愛次郎シーボルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone