上双子筋(読み)ジョウソウシキン

デジタル大辞泉の解説

じょう‐そうしきん〔ジヤウサウシキン〕【上双子筋】

臀部(でんぶ)の深層にあり、股関節外旋させる筋肉(深層外旋筋)の一つ。骨盤坐骨棘(ざこつきょく)から起こり、内閉鎖筋下双子筋とともに大腿骨(だいたいこつ)転子窩(てんしか)につく。

じょう‐ふたごきん〔ジヤウ‐〕【上双子筋】

じょうそうしきん(上双子筋)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android