コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外旋 ガイセン

デジタル大辞泉の解説

がい‐せん〔グワイ‐〕【外旋】

上腕大腿を、位置を変えずに、体の外側に向かって回転させる動きをいう。例えば、右上腕を、上腕骨を軸として右回りに回転させる動きがこれにあたる。→内旋
[補説]肩関節では、腕を垂らし、肘を90度曲げた状態で、前腕を体の外側に動かすとき、上腕が外旋する。股関節では、腿を前方に上げて、膝を90度曲げた状態で、下腿を体の内側に動かすとき、大腿が外旋する。なお、上腕を固定し、前腕だけを外側に回転させる動きは、回外という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

外旋の関連キーワード化膿性腸腰筋炎海外巻網漁業肩手症候群習慣性脱臼上腕二頭筋果部骨折外転神経縫工筋大殿筋大腰筋肘内障五十肩骨格筋肩関節眼筋関節ガル回旋補説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android