コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上手出し投げ うわてだしなげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上手出し投げ
うわてだしなげ

相撲の決まり手の一つ。右 (左) 上手を返すことなく,肘を脇につけたまま,相手の体を前へ引き据えるようにして投げ倒す。左 (右) のひねりと,顎の使いが大切。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うわて‐だしなげ〔うはて‐〕【上手出し投げ】

相撲のきまり手の一。相手のまわしを上手(うわて)に取り、一方の足を大きく後方に引いて半身に開き、引きずるように投げ倒す技。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うわてだしなげ【上手出し投げ】

相撲の決まり手の一。四つ身から差し手を抜いて体を開き、相手を引きずるように上手から投げを打つ技。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上手出し投げの関連キーワード栃錦清隆栃東大裕出し投げひっかけ四つ身決り手相撲栃錦

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上手出し投げの関連情報