コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上手 かみて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上手
かみて

舞台用語。客席から向かって中央から右側のこと。反対の左側下手 (しもて) と呼ぶ。客席の方は上手側を東,下手側を西と呼ばれる。歌舞伎から出た呼び名だが,他の演劇でも使われ,映画・テレビでもカメラから見て右側を上手,左側を下手と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うわ‐て〔うは‐〕【上手】

[名]
位置・方向が上のほう。うえ。特に、風上・川上などをいう。かみて。「風の上手にまわる」⇔下手(しもて)
相撲で、四つに組んで相手の差し手の上から相手のまわしを取ること。また、その手。「上手を引く」⇔下手(したて)
囲碁・将棋で、対局者のうち段位・力量のすぐれたほう。⇔下手(したて)
犬追物(いぬおうもの)で、自分の馬の前に立つ射手。
石帯(せきたい)の左の一端についている革帯。
[名・形動]
技能・学問・知識などが他よりすぐれていること。また、その人。「役者が一枚上手だ」「相手の上手を行く」
人を脅かすような態度をとること。また、そのさま。高飛車(たかびしゃ)。⇔下手(したて)
「この―な物言いが変に私を圧迫した」〈志賀暗夜行路

かみ‐て【上手】

上(かみ)の方。上座に近い方。「上手に座る」⇔下手(しもて)
川の上流の方。「上手の村」⇔下手(しもて)
舞台の、客席から見て右の方。⇔下手(しもて)

じょう‐ず〔ジヤウ‐〕【上手】

[名・形動]
物事のやり方が巧みで、手際のよいこと。また、そのさまやその人。「字を上手に書く」「テニスの上手な人」「時間の使い方が上手だ」「聞き上手」「三国一の舞いの上手」⇔下手(へた)
口先で人のごきげんをとるのがうまいこと。また、そのさまやその口先だけの言葉。おじょうず。「上手を言う」「まあ上手な人だこと」
[派生]じょうずさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うわて【上手】

( 名 )
相撲で、相手の差し手の上からまわしを取る組み手。また、その腕。 「 -をとる」
上の方。川上や風上をいう。かみて。 ↔ 下手しもて 「これから船で-へ出かけるから/安愚楽鍋 魯文
囲碁・将棋などで、棋力の優れた方の指し手。
石帯せきたいの左の端についている革帯。 「思ひきやわが身沈める石の帯の-に人をかけて見んとは/夫木 33
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
学問・技能・性格などの程度が他の人よりまさっていること。また、その人。悪いことにもいう。 「実務では係長の方が課長より-だ」 「遅刻の数なら彼の方が-だ」
相手に対して、高圧的な態度をとること。高飛車に出ること。 ↔ 下手したて 「 -に出る」
[句項目]

かみて【上手】

川の上流の方。 「舟を-にまわす」
地勢的に高い方。
演劇において客席から舞台を見た時の右側のこと。撮影においては、カメラのファインダーから見て右側のこと。 「主役が-から現れる」
▽↔ 下手しもて

じょうず【上手】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
技術がすぐれている。手際がよいこと。また、その人やさま。 ↔ 下手へた 「字の-な人」 「もめ事を-にまとめる」 「聞き-」
言葉巧みなこと。お世辞。おじょうず。 「 -を言う」
囲碁・将棋で七段の位をもつ人。江戸時代から昭和初期までの用語。
[派生] -さ ( 名 )

じょうて【上手】

上手物じようてもの 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上手の関連キーワード上手の手から水が漏れる話し上手は聞き上手痴絵・烏滸絵・癡絵猿も木から落ちるディストレス状態下手は上手のもと能書筆を択ばずムードメーカーリップサービスエースコックファインダーつかみ投げシューター人あしらい上手ひねり縁台将棋大駒落ち吉和道玄生き薬師売り捌く

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上手の関連情報