コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上村嶺【かく】国墓 じょうそんれいかくこくぼ

百科事典マイペディアの解説

上村嶺【かく】国墓【じょうそんれいかくこくぼ】

中国,河南省三門峡市上村嶺にある西周末〜春秋初の【かく】国貴族の墓地。1956年―1957年に234基の墓が発掘され,その中には【かく】国太子の墓と考えられるものもある。他に3基の車馬坑と1基の馬坑も発見されている。副葬品には,規模・品目等身分上の差異が認められ,社会制度を知る上の資料となっている。鼎(てい),【き】,豆(とう),壺,鬲,武器類,楽器などの銅製品,陶質明器,玉類などがあった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android