上桂供御人(読み)かみかつらくごにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上桂供御人
かみかつらくごにん

鎌倉,室町時代,上桂にいた禁裏供御人。上桂は京都市西京区 (旧山城国葛野郡) の桂川右岸に位置する集落。ここに住んでいた鵜匠が供御人の資格を取得するために,桂川からとれるあゆを禁裏に供進したもので,御厨子所に属し,内蔵寮の支配下にあった。元弘3=正慶2 (1333) 年の『内蔵寮等目録』に初めてみえ,その後上桂供御人のあゆ供進は見当らないが,寛正 (1460~66) ,文明 (69~87) の動乱期にも,内蔵寮へのあゆ供進は桂の公事として続けられていたらしい。 (→供御 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android