コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

供御 くご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

供御
くご

広く貴人,将軍の食膳をさすが,特に,天皇の御膳を意味する。日常は朝夕2回。古くは屯田 (みた) ,屯倉 (みやけ) などの皇室直轄領から調進させたが,令制では,畿内の官田から供御稲を得,宮内省所属の大炊 (おおい) 寮に収納し,内膳司に分配して調理のうえ御膳に供した。平安時代中期以降は官田が荘園化し,大炊寮の収入に頼り,戦国時代には,丹波国山国荘などの皇室領の年貢に頼った。供御を進献する農民や漁民は,商業上の特権などを与えられたので,御厨子所 (みずしどころ) 供御人の身分を望む者が多かった。近世では,朝,昼,夕の3食が普通となり,主食は櫃司 (ひづかさ) ,副食は御清所 (おきよどころ) が担当した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

く‐ぎょ【供御】

くご(供御)1

く‐ご【供御】

《「ぐご」とも》
天皇の飲食物、時には、上皇・皇后・皇子の飲食物をいう語。武家時代には将軍の飲食物をもいった。くぎょ。
飯(めし)をいう女房詞

こ‐ご【供御】

《「くご」の音変化》食事。
「釈迦様の開帳の、相伴やらお―やら」〈浄・女腹切

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くぎょ【供御】

くご【供御】

〔「ぐご」とも〕
主として天皇・皇后・皇族などの飲食物をいう語。のちには将軍の飲食物についてもいう。くぎょ。
〔女房詞〕 飯めし

こご【供御】

〔「くご」の転〕
食事。 → おこご(御供御)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

供御
くご

おもに天皇の飲食に供する食膳(しょくぜん)をさすが、上皇、皇后、皇子らの食事をも含む。大宝令(たいほうりょう)にその規定がみえる。供御には日常用と儀式用とがあるが、いずれも米を主食とし、副食には魚、鳥、野菜、果物があてられる。日常の供御は朝夕二度であったが、のち室町時代には、三度の供御におのおの御菜7種、御汁2種、御飯には割った強飯(こわいい)をとるようすが『玉勝間(たまかつま)』にも引用されている。古代には近江(おうみ)贄人(にえびと)らの貢納物や屯倉(みやけ)からの米が、また奈良・平安時代には内膳司(ないぜんし)管轄下の御厨(みくりや)、御園(みその)、網代(あじろ)から貢進された。これらの農漁民や古代の贄人の系譜を引く者が供御人として組織され、鎌倉時代以降、中世を通じて座商業の発展とともに活発な活動を展開する。[江部純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

供御の関連キーワード小野山供御人頤で蠅を追う禁裏供御人精進供御人上桂供御人地黄煎売川端道喜栗作御薗建武新政今宮神人大庭御野大江御厨黄瓜御薗大膳寮進物所供御方御供御御稲田大膳職手無し

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

供御の関連情報