鵜匠(読み)ウジョウ

大辞林 第三版の解説

うしょう【鵜匠】

〔「うじょう」とも〕
鵜飼いで、鵜を操って魚をとらせる人。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐しょう ‥シャウ【鵜匠】

〘名〙 (「うじょう」とも) 鵜飼いを職業とする人。鵜使い。鵜飼い。現在では、岐阜県長良川の鵜飼い・鵜匠が有名。《・夏》 〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鵜匠の言及

【鵜飼い】より

…鵜飼いが各時代の支配階級から保護をうけてきた関係上,珍しい技法として上覧に供し,支配階級を楽しませる必要があったからである。武家社会の下で成立した鵜匠制度では,特定の鵜飼漁業者に鵜匠の名を許し,排他的な漁業特権をあたえ,経済的援助を行った。鵜飼いがその保護をうけいれたのは,閑漁期の餌代などで鵜飼いが採算のとりにくい側面を有していたためである。…

※「鵜匠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鵜匠の関連情報