コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上毛野大川 かみつけのの おおかわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上毛野大川 かみつけのの-おおかわ

?-? 奈良時代の官吏。
宝亀(ほうき)8年(777)遣唐録事として唐(中国)へわたり,翌年帰国。大外記(だいげき),山背介(やましろのすけ)をへて主計頭(かずえのかみ)となる。「続日本紀」の天平宝字(てんぴょうほうじ)-宝亀年間の部分の編修に従事した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上毛野大川

生年:生没年不詳
奈良時代官人。宝亀8(777)年の遣唐使に際して遣唐録事として派遣され,翌年帰国した。山背介,主計頭,大外記などを歴任した。また『続日本紀』の編纂にも関係し,天平宝字年間(757~65)から宝亀年間(770~81)の部分の編集に従事した。若いときには写経生として造東大寺司下の写経所に出仕していたらしく,彼が校閲をした中阿含経が残っている。

(鬼頭清明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android