コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上毛野氏永 かみつけのの うじなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上毛野氏永 かみつけのの-うじなが

?-? 平安時代前期の官吏。
元慶(がんぎょう)6年(882)従五位下。石見権守(いわみのごんのかみ)在任中,邇摩(にま)郡と那賀(なか)郡の大領(たいりょう)(郡司)らの集団におそわれ,国守の印,かぎ,駅鈴をうばわれた。介(すけ)の忍海山下氏則(おしぬみのやましたの-うじのり)の館にかくれたが,氏則も共謀者とおもいこみ,その妻らを傷つけて逃走。仁和(にんな)2年刑部(ぎょうぶ)省の裁きにより解職,無位におとされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上毛野氏永の関連キーワード伊福部安道久米岑雄

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android