コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上絵の具 ウワエノグ

デジタル大辞泉の解説

うわ‐えのぐ〔うはヱのグ〕【上絵の具】

陶磁器の表面に絵や文様を描くのに用いる顔料。無色の鉛釉(えんゆう)を溶媒とし、ベンガラ・酸化コバルト・酸化マンガンなど金属酸化物を加えたもの。焼成すると融(と)けて茶褐色・青・紫などの色になる。上絵釉(うわえぐすり)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うわえのぐ【上絵の具】

陶磁器の上絵を描くための絵の具。顔料の粉末を融剤とまぜたもので、焼く温度が低いため(約摂氏800度)、多彩な色の顔料に利用できる。上絵釉うわえぐすり。 ↔ 下絵の具

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上絵の具の関連キーワードカドミウムレッドカドミウムエロー下絵の具無機顔料宋赤絵陶磁器豆彩金液水金色絵上絵陶芸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android