コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上緒 アゲオ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐お〔‐を〕【上緒】

冠が脱げないように左右につけ、引き上げて髻(もとどり)の根にくくり結ぶためのひも。巾子(こじ)の根の前方に縫いつけることもある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あげお【上緒】

冠の左右に付けて頭上に引き上げ、髻もとどりの所で結んだ緒。平安後期には形式化して、巾子こじの根に留めた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の上緒の言及

【冠】より

… 朝服に用いられた冠は,平安朝になるとその形がしだいに整備され,額(ひたい),巾子(こじ),纓というように独立した形をとり,平安時代末の鳥羽天皇ころからはその地質も固くなり,ついにこんにち見られるような冠が成立した。すなわち額,縁(へり),巾子,簪(かんざし),上緒(あげお),纓,緌,懸緒(かけお)などからなっている。(1)額 冠の頂にあたる部分。…

※「上緒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上緒の関連キーワード挿頭華緒方

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上緒の関連情報