巾子(読み)コジ

  • ▽巾子

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 冠(かんむり)の頂上後部に高く突き出ている部分で、巻き立てた髻(もとどり)を納める壺形の容器。これをつけて幞頭(ぼくとう)をかぶった。平安中期以後は冠の一部として作り付けになった。正面の線を日陰といい、根に笹紙をつける。
※神楽歌(9C後)早歌「〈本〉近衛の御門(みかど)にこじ落つと〈末〉髪の根の無ければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の巾子の言及

【冠】より

…このほか天皇の冕冠,女帝の宝冠,童帝の日形冠,皇太子の九章冕冠などがある。 朝服に用いられた冠は,平安朝になるとその形がしだいに整備され,額(ひたい),巾子(こじ),纓というように独立した形をとり,平安時代末の鳥羽天皇ころからはその地質も固くなり,ついにこんにち見られるような冠が成立した。すなわち額,縁(へり),巾子,簪(かんざし),上緒(あげお),纓,緌,懸緒(かけお)などからなっている。…

※「巾子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android