コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山抄 ほくざんしょう

5件 の用語解説(北山抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北山抄
ほくざんしょう

平安時代中期の有職故実書。 10巻。藤原公任著。長和1 (1012) ~寛仁4 (20) 年頃の作。年中要抄,拾遺雑抄,践祚抄,備忘,都省雑事,大将儀,羽林要抄,吏途指南の8編から成る。本来は各編ともそれぞれ藤原教通や藤原道長あるいは自分の子息定頼の参考のためにつくられたものらしく,それをのちに集めて一部の書物としたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほくざんしょう〔ホクザンセウ〕【北山抄】

平安中期の有職書。10巻。藤原公任著。長和・寛仁年間(1012~1021)に成立。朝儀や政務の作法を記し、後世の有職故実の基準となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほくざんしょう【北山抄】

恒例・臨時の朝儀,太政官の政務,近衛大中将の作法および国司に関することを記した故実書。10巻より成る。権大納言藤原公任(きんとう)の著述で,11世紀初頭の成立と考えられる。書名は,公任が晩年隠棲した京都・北山の地名による。《北山納言記》《北山記》などともいい,また公任が四条大納言と称されたことより,《四条大納言記》とも呼ばれる《西宮記》とともに,有職故実の最も重要な参考書として古くより重んじられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほくざんしょう【北山抄】

有職書。一〇巻。藤原公任きんとう著。平安中期成立。朝廷での年中行事や臨時の儀式・作法などを多くの典籍を引いて記したもの。「西宮記」と並ぶ有職故実の重要書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北山抄
ほくざんしょう

藤原公任(きんとう)著。10巻。恒例・臨時の朝儀、中央・地方の政務、近衛(このえ)大将以下の武官の進退などについて、国史をはじめ多数の文書・記録を引用して解説した有職故実(ゆうそくこじつ)の書。引用書中には現存しないものも少なくない。近衛大将に関する巻が女婿藤原教通(のりみち)のために書かれたものであるごとく、もと個別に書かれ、のちに一書にまとめられた。公任は四条大納言(しじょうだいなごん)と称したので、古くは『四条記』『四条大納言抄』などともいわれ、現在の書名は、公任隠棲(いんせい)の地にちなむものである。公任は御堂関白道長(みどうかんぱくみちなが)と親しかったため、『西宮記』や『江家(ごうけ)次第』とともに後世長く重んじられた。公任自筆の草稿一巻が存するほか写本も多く、活版本には『故実叢書(そうしょ)』所収本がある。[今江廣道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北山抄の言及

【古文書学】より

…平安時代になって朝廷の儀式典礼が盛大に行われるようになると,それに関する正確な知識が要求され,有職故実の学が発達し,有職書が編纂される。源高明《西宮記》,藤原公任《北山抄》,大江匡房《江家次第》はその代表的なもので,このなかには文書の作成発布に関する儀礼や慣習なども述べられている。これらは,この時代新たに成立した令外様文書に関する解説書といえる。…

※「北山抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北山抄の関連キーワード国役外記左大臣礼儀類典右近衛大将官の司近衛大将左近衛大将太政官牒官文庫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone