コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上腕骨上顆炎 じょうわんこつじょうかえんepicondylitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上腕骨上顆炎
じょうわんこつじょうかえん
epicondylitis

上腕骨外側の上顆部 (肘の外側) に疼痛を起す状態で,肘関節を伸ばして,前腕の回内,回外を繰返す場合に生じる。テニス選手に多いのでテニス肘と呼ばれる前腕の筋肉の使いすぎの結果,この筋肉上端の骨への付着部が部分的に剥離するため,肘の部分に痛みを生じる。治療には安静,温熱療法,マッサージなどを行う。ステロイド剤の局所注射,手術を行うこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうわんこつじょうか‐えん〔ジヤウワンコツジヤウクワ‐〕【上腕骨上×顆炎】

テニス肘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

上腕骨上顆炎の関連キーワードスポーツ障害

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android