コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肘関節 ちゅうかんせつelbow joint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肘関節
ちゅうかんせつ
elbow joint

肘の部分の関節。上腕骨下端と尺骨および橈骨の上端との関節 (腕尺関節と腕橈関節) ならびに橈骨上端と尺骨上端との関節 (上橈尺関節) から成る複関節。肘の屈伸運動と同時に前腕の回内・回外運動の支点となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の肘関節の言及

【腕】より

…掌を前に向けると橈骨が外側に,尺骨が内側に互いに平行しているが,掌を後ろに向けると橈骨と尺骨とは交差する。上腕骨は上は肩甲骨と肩関節により,下は尺骨および橈骨と肘関節によって結びついている。肩関節は多軸性の球関節で人体中最も可動性が大きいが,肘関節はその主要な部分は1軸性のちょうつがい関節である。…

【関節】より


[関節の分類とその運動様式]
 個々の関節は,その目的に応じていろいろ複雑な運動をするが,全身の関節をその運動様式によって分類すると,1軸性関節,2軸性関節,多軸性関節の3種に分けることができる。1軸性関節というのは,たとえば肘関節のように屈伸運動だけしかできない関節で,この場合の運動軸は一つだけで,それは肘関節を横切って水平に走る。2軸性関節とは,互いに直角に交わる2方向の軸をもった関節で,具体的にはこの二つの軸に沿って4方向の運動を順に連続して行うと描円運動(分まわしともいう)ができる。…

【機能肢位】より

… 関節の可動制限が同じであっても,その関節がどのような肢位で制限されているかによって,生活の不自由さの程度はまったく異なる。たとえば肘関節が0~30度の可動域があるのと90~120度の場合とではまったく異なる(各関節の基本肢位は手足を伸ばして静止,直立したときの肢位で,すべて0度である)。前者の場合には,ひじはほとんど伸展位にあるので,物をぶら下げることくらいにしか役立たない。…

【肘】より

…上腕と前腕との移行部で,内部は肘(ちゆう)関節となって,上腕骨が前腕の橈骨(とうこつ)および尺骨と連結するところである。後面は尺骨の肘頭に相当して突出しているが,前面はへこんで〈肘窩(ちゆうか)〉となっている。…

※「肘関節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肘関節の関連情報