コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上高森遺跡 かみたかもりいせき

百科事典マイペディアの解説

上高森遺跡【かみたかもりいせき】

宮城県築館町(現・栗原市)にある前期旧石器時代のものとされた遺跡。1993年の発掘調査で,約50万年前の火山灰層からハンド・アックスなど数点の石器がまとまって出土した。
→関連項目座散乱木遺跡馬場壇A遺跡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

上高森遺跡の関連キーワード原人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android