捏造(読み)ネツゾウ

  • ×捏造
  • でつぞう ‥ザウ
  • でつぞう〔ザウ〕
  • ねつぞう ‥ザウ
  • ねつぞう〔ザウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《「でつぞう(捏造)」の慣用読み》事実でないことを事実のようにこしらえること。でっちあげること。「記事を捏造する」
[名](スル)ねつぞう(捏造)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「でつ」は「捏」の漢音) ありもしないことを、事実であるかのようにつくりあげること。根も葉もない事をこしらえていうこと。でっちあげ。ねつぞう。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「金を返へす期限を延さん為めに、虚誕のことを捏造(デツざう)(〈注〉コシラヘ)して」
〘名〙 (「ねつ」は「捏」の慣用音)
① こねてつくること。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「百千鬼神、〈略〉一夜の間、箇の霊島を捏造す」
② 事実でないことを事実のようにこしらえていうこと。ないことをあるようにいつわってつくりあげること。〔英和外交商業字彙(1900)〕
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉増税「此醜聞は反対党が(ネツザウ)した無根の風説ですから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

捏造の関連情報