下付き文字(読み)したつきもじ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

下付き文字

文字修飾のひとつで、小さな文字を下寄りに付けること。サブスクリプトとも呼ぶ。数式や化学式などの表記に使う。ワープロなどでは文字修飾の機能のひとつとして組み込まれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android