下垂体前葉ホルモン

  • anterior pituitary hormone
  • カスイタイゼンヨウホルモン

化学辞典 第2版の解説

下垂体前葉から分泌されるホルモンの総称.6種類の刺激ホルモンがあり,いずれもほかの内分泌臓器を刺激するホルモンである.成長ホルモン(GH),副じん皮質刺激ホルモン(ACTH),甲状腺刺激ホルモン(TSH),泌乳刺激ホルモン(PRL),卵胞刺激ホルモン(FSH),黄体形成ホルモン(LH)があり,いずれもタンパク質,あるいはポリペプチドである.これら刺激ホルモンの分泌は視床下部の調節を受ける.すなわち,視床下部にはそれら個々のホルモンに対する放出因子または抑制因子があり,これが視床下部の特定の神経細胞から分泌(neuroendocrine)されると門脈(血管系)を経由して下垂体前葉に達し,対応するホルモンの分泌を調節する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android