下岡忠治(読み)しもおか ちゅうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下岡忠治 しもおか-ちゅうじ

1870-1925 明治-大正時代の官僚,政治家。
明治3年10月2日生まれ。内務省にはいり,法制局参事官などをへて,秋田県知事,農商務次官,枢密院書記官長,内務次官などを歴任。大正4年衆議院議員となり(当選4回),憲政会の幹部として第2次護憲運動に活躍した。大正14年11月22日死去。56歳。摂津川辺郡(兵庫県)出身。帝国大学卒。号は三峯。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

下岡忠治

没年:大正14.11.22(1925)
生年:明治3.10.2(1870.10.26)
明治大正期の官僚,政党政治家。号は三峯。摂津国(兵庫県)広根村に生まれる。父は下岡直一,母は寿子。明治25(1892)年第三高等中学校を卒業,このときの同級生に伊沢多喜男,浜口雄幸,幣原喜重郎がおり,彼らとの親交がそののちの下岡に大きな影響を与える。28年帝大法科大を卒業,高等文官試験を首席で及第し,法制局に長く勤務した。この間,都筑馨六の仲介で白根専一の姪・松子と結婚,いわゆる山県閥のひとりと目されるようになった。秋田県知事,農商務省農務局長,同次官,枢密院書記官長,内務次官を歴任,大正4(1915)年総選挙に立候補,当選する。その後,憲政会に入党し幹部となるが,山県閥とも依然関係を持っていたため総裁加藤高明との関係がしっくりいかず,加藤高明内閣では大臣ではなく朝鮮政務総監のポストについた。有能でありながら,決断を渋ったために十分に政界で活躍することはできなかった。<参考文献>『三峯下岡忠治伝』

(季武嘉也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android