コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下曾根金三郎 しもそね きんざぶろう

2件 の用語解説(下曾根金三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下曾根金三郎 しもそね-きんざぶろう

1806-1874 江戸時代後期の武士,砲術家。
文化3年生まれ。筒井政憲(まさのり)の次男。下曾根家をつぐ。幕臣。鉄砲方となり,江川太郎左衛門英竜(ひでたつ)らと高島秋帆(しゅうはん)に西洋砲術をまなぶ。下曾根稽古場をひらき,洋式兵学を教授。講武所砲術師範,歩兵奉行をへて,慶応2年陸軍所の修行人教授方頭取となり,軍制改革に参画した。明治7年6月5日死去。69歳。名は信敦(のぶあつ),のち信之。号は桂園,威遠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

下曾根金三郎

没年:明治7.6.5(1874)
生年:文化3(1806)
幕末の砲術家,洋式兵学者。諱は信敦。威遠と号した。長崎・江戸奉行の筒井政憲の次男で下曾根家を継ぐ。天保12(1841)年幕命によって江川太郎左衛門と共に高島秋帆に就いて洋式砲術を学ぶ。のち芝赤羽橋に下曾根稽古場を設けて洋式兵学を教授し,家塾を 膺懲館と称して洋式兵学に関する翻訳書を数多く刊行した。嘉永6(1853)年ペリーの再渡来時には銃隊を率いて警護に当たる。安政3(1856)年講武所開設に際して砲術師範役を勤め,文久2(1862)年甲斐守に任じられ,翌年6月歩兵奉行,慶応2(1866)年陸軍所修業人教授方頭取となる。菓子づくりもし,甘納豆の創製者といわれる。<著作>『経済弁』『歩操軌範』

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下曾根金三郎の関連キーワード上田帯刀大槻礼輔奥典雅小林茂雄高間寛八田結荘千里中島名左衛門成田正右衛門久松土岐太郎村上範致

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone