コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄砲方 テッポウカタ

大辞林 第三版の解説

てっぽうかた【鉄砲方】

江戸幕府の軍制で研究・教授・試射など砲術一般をつかさどる物頭ものがしら級の職名。定員二名で、井上・田付両家から代々任命された。役料三百俵が給せられ、与力五名・同心二〇名を支配し、若年寄の指揮監督をうけた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鉄砲方の関連キーワード足立信頭(あだちしんとう)高木作右衛門(13代)フェートン号事件江川太郎左衛門下曾根金三郎下曽禰金三郎田付四郎兵衛スハーデル矢田部郷雲守住貫魚高島秋帆井上正継市河万庵田付景澄藤田長鎮大島高任江戸幕府大鳥圭介井上正英島秋帆

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android