コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島秋帆 たかしま しゅうはん

9件 の用語解説(高島秋帆の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高島秋帆

幕末の兵学者・砲術家。長崎生。名は茂敦、字は舜臣、通称を糾之丞。鉄砲を外国より購入し、その鋳造に尽力した。近代的西洋流砲術の先駆者で進取的精神の持主であった。幕府の鉄砲方手付、教授方頭取、講武所砲術師範役などを歴任。慶応2年(1866)歿、69才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかしま‐しゅうはん〔‐シウハン〕【高島秋帆】

[1798~1866]江戸後期の兵学者・砲術家。日本近代砲術の祖。長崎の人。名は舜臣(きみおみ)。通称、四郎太夫。オランダ人に蘭学・兵学・砲術を学び、高島流を創始。ペリー来航を機に講武所砲術指南役となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高島秋帆【たかしましゅうはん】

幕末の洋式砲術家。通称四郎太夫。もと長崎会所調役頭取。はじめ荻野流砲術,のち出島オランダ人から洋式砲術を学ぶ。1840年アヘン戦争に刺激されて洋式砲術採用を幕府に上申,江川太郎左衛門の支持を得て江戸に出,郊外徳丸ヶ原で砲術調練を試み,名声を得た(1841年)。
→関連項目講武所

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島秋帆 たかしま-しゅうはん

1798-1866 江戸時代後期の砲術家。
寛政10年8月15日生まれ。長崎町年寄の父の跡をつぐ。オランダ人から西洋砲術をまなぶ。天保(てんぽう)12年武蔵(むさし)徳丸原(東京都)で洋式銃陣の演習をおこない,江川太郎左衛門英竜(ひでたつ)らに伝授した。安政2年幕臣となり,のち講武所師範役。慶応2年1月14日死去。69歳。名は茂敦。字(あざな)は舜臣(きみおみ)。通称は四郎太夫。
【格言など】只今之急務と仕候処は大砲に御座候(「嘉永上書」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高島秋帆

没年:慶応2.1.14(1866.2.28)
生年:寛政10(1798)
幕末の砲術家,洋式兵学者。高島流砲術の創始者。諱を茂敦。字は舜臣,子厚。通称は糾之丞,四郎太夫。秋帆は号。長崎町年寄を勤める傍ら出島砲台を受け持った四郎兵衛茂紀の3男として長崎に生まれる。父から荻野流,天山流砲術を学んだが,長足の進歩を遂げつつある洋式砲術とは隔絶した差のあることを知り,通詞(通訳)にオランダ語兵書の翻訳を依頼したり,出島砲台の責任者であったことから,オランダ人に疑問を直接問いただすなどしてヨーロッパ軍事技術に関する知識を修得した。また町年寄の特権である脇荷貿易によって各種の火器やオランダ兵学書を買い求め,天保5(1834)年ごろにはこれらの成果を基に高島流砲術,洋式銃陣を教授するようになった。アヘン戦争(1839)に関する情報に大きな衝撃を受け,天保11年西欧列強のアジア侵略から日本を防衛するために洋式砲術を採用すべきだとする意見書を江戸幕府に提出した。翌年幕命により江戸に出て,5月9日徳丸ケ原(東京都板橋区)で日本最初の洋式砲術演習を行った。これにより幕府の高島流砲術採用が決まり幕臣江川太郎左衛門,下曾根金三郎ふたりに高島流を皆伝して長崎に帰ったところが,かねてから蘭学を蛇蝎のごとく嫌っていた幕府町奉行鳥居耀蔵によって天保13年謀反の罪を着せられ,投獄される。その後ペリーの来航など世情も大きく変化したこともあって,幽囚10年の嘉永6(1853)年に赦免となり,江川太郎左衛門の許に身を寄せ,通称を喜平と改める。安政2(1855)年には普請役に任ぜられ,鉄砲方手付教授方頭取を命じられ,次いで安政4年富士見御宝蔵番兼講武所砲術師範役を勤め,現職にあって没す。「火技中興洋兵開基」と称えられ,日本の軍事近代化に大きな足跡を残した。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

高島秋帆

1798〜1866(寛政10〜慶応2)【砲術家】西洋砲術により、幕府軍隊の近代化を促進。 砲術家。長崎町年寄などを勤めながら荻野流砲術を修めた後、オランダ人より西洋砲術を学ぶ。1840年のアヘン戦争の際、幕府に西洋砲術の採用を建議、翌年徳丸ヶ原で初の洋式砲術の実射演習をおこなう。その後、講武所砲術師範役に任じられた。著書に本訳書「高島流砲術伝書」がある。

出典|財団法人まちみらい千代田
江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかしましゅうはん【高島秋帆】

1798‐1866(寛政10‐慶応2)
幕末の長崎会所調役頭取で砲術家。名は茂敦,通称は四郎太夫,秋帆は号。長崎防備のため,はじめ荻野流砲術を学び,のち出島のオランダ人から西洋砲術を学んで,これを高島流砲術と名づけた。西洋近代砲術を最初に紹介したものといえる。アヘン戦争が起こった1840年(天保11),幕府に上書して西洋砲術の採用を説いた。翌年幕命で出府し,徳丸ヶ原で操練を行い,名声を得た。幕府は高島流砲術を採用することとし,彼の所持する大砲を購入し,あわせて代官江川太郎左衛門に砲術の伝授を命じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たかしましゅうはん【高島秋帆】

1798~1866) 江戸後期の兵学者・砲術家。名は舜臣きみおみ、通称、四郎太夫。長崎生まれ。長崎町年寄・鉄砲方となり大砲の購入・鋳造に努め、幕府に洋式砲術採用を建議。武州徳丸原で砲術演習を行なって、江川太郎左衛門ら幕末西洋砲術家に多大の影響を与えた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高島秋帆
たかしましゅうはん

[生]寛政10(1798).8.15. 長崎
[没]慶応2(1866).1.14. 江戸
幕末の兵学者,砲術家。開国通商派の一人。名,茂敦。通称,四郎太夫。長崎の町年寄兼長崎奉行所鉄砲方の父,茂紀の跡を継ぎ,オランダ式砲術を研究,荻野流砲術の師範役をつとめた。天保 11 (1840) 年のアヘン戦争に触発され,『泰西火攻全書』を著わし,洋式砲術の振興を幕府に進言した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の高島秋帆の言及

【砲術】より

…おもな流派としては,津田流,自由斎流,稲富流,西村流,井上流,一火流,自得流,中島流などがある。江戸時代日本独特の発達をした砲術も,1841年(天保12)江戸の徳丸ヶ原で高島秋帆が行った洋式鉄砲の操練を契機に和流砲術は衰え,西洋砲術となり明治を迎えた。【中林 信二】。…

※「高島秋帆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高島秋帆の関連情報