下燃ゆ(読み)シタモユ

デジタル大辞泉の解説

した‐も・ゆ【下燃ゆ】

[動ヤ下二]
炎が表立たず、物の下で火が燃える。
「小野山はやくすみがまの―・えて煙の上につもる白雪」〈風雅・冬〉
《「した」は心の意》心の中でひそかに思い焦がれる。
「―・ゆる歎きをだにも知らせばやたく火の神のしるしばかりに」〈栄花・根合〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したもゆ【下燃ゆ】

( 動下二 )
人知れず思い焦がれる。 「 - ・ゆる嘆きをだにも知らせばや/栄花 根合

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android