下燃ゆ(読み)シタモユ

デジタル大辞泉の解説

した‐も・ゆ【下燃ゆ】

[動ヤ下二]
炎が表立たず、物の下で火が燃える。
「小野山はやくすみがまの―・えて煙の上につもる白雪」〈風雅・冬〉
《「した」は心の意》心の中でひそかに思い焦がれる。
「―・ゆる歎きをだにも知らせばやたく火の神のしるしばかりに」〈栄花・根合〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したもゆ【下燃ゆ】

( 動下二 )
人知れず思い焦がれる。 「 - ・ゆる嘆きをだにも知らせばや/栄花 根合

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android