コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下田なす

デジタル大辞泉プラスの解説

下田なす

滋賀県湖南市で生産されるナス。小ぶりの卵型で、果皮は薄紫色で薄く、実は柔らか。水分が多くアクが少ない。明治期以前から栽培されている在来種

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

下田なす[果菜類]
しもだなす

近畿地方、滋賀県地域ブランド
湖南市下田地区で古くから生産されている。形は小振りで卵形表皮がやわらかく、あくも少ない。甘くて肉質がしっかりしている。へたの下が白くなるのが特徴。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

下田なすの関連キーワード滋賀県湖南市近畿地方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android