コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下田鏒三郎 しもだ さんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下田鏒三郎 しもだ-さんざぶろう

?-1869 幕末の武士。
播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。慶応4年藩論を勤王に転換させた重臣力丸五左衛門を牛込矢五郎とともに殺害。のち自首し,明治2年東京で処刑された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下田鏒三郎の関連キーワード藩学一覧女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)実業之日本パーレットハウスホーファービニョンヒルハウスベイティルモアーヌ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android