下見板(読み)したみいた

精選版 日本国語大辞典「下見板」の解説

したみ‐いた【下見板】

〘名〙 家の周囲の下見に張る。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「葉子は思はずよろけて入口の下見板に寄りかかって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の下見板の言及

【羽目板】より

…壁の下方1mくらいに張った場合は腰羽目という。横板張りで板を少しずつ重ねて羽重ねに張るものは下見板といい,羽目板とは区別する。日本建築では横羽目が古来の手法で,鐘楼の袴腰など特定のものに竪羽目が用いられたが,鎌倉時代に伝来した禅宗様(唐様)では竪羽目が使われ,以来竪羽目も広く用いられるようになった。…

※「下見板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android