不平を鳴らす(読み)ふへいをならす

精選版 日本国語大辞典「不平を鳴らす」の解説

ふへい【不平】 を 鳴(な)らす

不平不満をいい立てる。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「之を歎息して不平をらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不平を鳴らす」の解説

不平ふへいら・す

不平を言いたてる。「小遣いが少ないと―・す」
[類語]愚痴っぽい愚痴るぼやくこぼすかこつ愚痴をこぼす不平を並べる御託を並べる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android