託つ(読み)カコツ

デジタル大辞泉「託つ」の解説

かこ・つ【託つ】

[動タ五(四)]
心が満たされず、不平を言う。ぐちをこぼす。嘆く。「不運を—・つ」
他の事のせいにする。口実にする。かこつける。
「酔ひに—・ちて苦しげにもてなして」〈・藤裏葉〉
[類語]嘆く嘆ずる悲しむ愁える悲嘆する愁嘆する痛嘆する嗟嘆さたんする嘆息する長嘆する愚痴る愚痴っぽいぼやくこぼす愚痴をこぼす不平を鳴らす不平を並べる御託を並べる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android