コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不等成長 ふとうせいちょうheterauxetic growth; heterogony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不等成長
ふとうせいちょう
heterauxetic growth; heterogony

相対成長ともいう。生物体の全体の成長と部分の成長,またはある部分の成長と他の部分の成長とに,成長率に差のある現象。たとえば,人間の幼児での頭部と体部がその例になる。元来胚発生の際の形態変化を説明するのに考えられた概念であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の不等成長の言及

【相対成長】より

…成長における形態の変化を表すもので,D.W.トムソンの著書《生長と形Growth and Form》(1917)に端を発し,イギリスのJ.S.ハクスリーとフランスのテシエG.Teissier(1900‐72)によって一般化された。前者は不等成長heterogony,後者は不調和成長disharmonic growthの語を用いたが,後にアロメトリーallometry(異調律,相対成長)に統一された。成長系の二つの部分の大きさxyの関係は経験的に,ybxαの式で表されることを,両者が独立に見いだした。…

※「不等成長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不等成長の関連キーワード相対成長

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android