コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不落 フラク

デジタル大辞泉の解説

ふ‐らく【不落】

城などが攻め落ちないこと。「難攻不落
入札で、最低入札金額が予定価格を上回り、入札が成立しないこと。最高入札金額が予定価格に達しないため落札者が決まらないことをいう場合もある。入札不落。→入札不調

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふらく【不落】

攻撃に耐えて落ちないこと。 「難攻-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

不落の関連キーワードベリンツォーナ旧市街にある3つの城、要塞及び城壁デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群フェルナンド(1世)(アラゴン王)攻め落とす・攻め落すマオナン(毛難)族テオドシウスの城壁間然する所がないフェルナンド1世ジークフリート線入札の不調と不落カルカッソンヌダンノーター城プイ(布依)族ツェティニェベルフォールデス・スターエルビル城塞アサッシン派パラディオン旅順の戦い

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不落の関連情報