コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難攻不落 ナンコウフラク

デジタル大辞泉の解説

なんこう‐ふらく【難攻不落】

攻撃するのがむずかしく、たやすく陥落しないこと。「難攻不落の陣地」
承知させるのが困難なこと。「難攻不落の堅物(かたぶつ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんこうふらく【難攻不落】

攻めるに困難で容易に陥落しないこと。 「 -の要塞」
いくら働きかけても、こちらの思いどおりに承知してくれないことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

難攻不落の関連キーワードベリンツォーナ旧市街にある3つの城、要塞及び城壁デルベントのシタデル、古代都市、要塞建築物群フェルナンド(1世)(アラゴン王)ラインホルト メスナー攻め落とす・攻め落すテオドシウスの城壁フェルナンド1世アビニョン教皇庁間然する所がないジークフリート線カルカッソンヌダンノーター城ベルフォールアサッシン派ツェティニェエルビル城塞デス・スター高天神城跡小田原城跡乃木 希典

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難攻不落の関連情報