コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与湾大親 よわんうふや

2件 の用語解説(与湾大親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

与湾大親 よわんうふや

?-1537 琉球の官吏。
尚清(しょうせい)王の代の奄美大島の島役人の長(大親)。反逆をくわだてているという同僚の讒訴(ざんそ)により,尚清王11年国王の軍に攻められ,罪なくして討たれることをなげいて自害した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

与湾大親

生年:生没年不詳
第二尚氏尚清王代の奄美大島の豪族。大親は「ウフヤ」という。奄美諸島第一尚氏代から琉球中山へ入貢し臣従関係にあったが,尚徳6(1466)年には尚徳王が鬼界島(喜界島)を征討するなど,その支配は不安定であった。与湾は中山への忠孝の心篤く,善政を布いていたが,同僚にうとまれ中山に讒言され,尚清王の征討を受けて縊死した。子の糠中城掟は捕虜となって中山に連行されたが,のちに出仕して出世した。その子は大浦添親方良憲(浦添良憲)で,尚元王代の尚元4(1559)年には三司官に昇任。近世琉球の名族となる馬氏の初代となっている。古琉球期の奄美と沖縄の関係をみるうえで重要な人物である。<参考文献>先田光演『与湾大親』(宇検村振興育英財団)

(田名真之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与湾大親の関連キーワード奄美大島奄美の黒兎戦時下の奄美安里大親大新城音智殿茂金文英吉尚円王尚元王尚清王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone