コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与湾大親 よわんうふや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

与湾大親 よわんうふや

?-1537 琉球の官吏。
尚清(しょうせい)王の代の奄美大島の島役人の長(大親)。反逆をくわだてているという同僚の讒訴(ざんそ)により,尚清王11年国王の軍に攻められ,罪なくして討たれることをなげいて自害した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

与湾大親

生年:生没年不詳
第二尚氏尚清王代の奄美大島の豪族。大親は「ウフヤ」という。奄美諸島は第一尚氏代から琉球中山へ入貢し臣従関係にあったが,尚徳6(1466)年には尚徳王が鬼界島(喜界島)を征討するなど,その支配は不安定であった。与湾は中山への忠孝の心篤く,善政を布いていたが,同僚にうとまれ中山に讒言され,尚清王の征討を受けて縊死した。子の糠中城掟は捕虜となって中山に連行されたが,のちに出仕して出世した。その子は大浦添親方良憲(浦添良憲)で,尚元王代の尚元4(1559)年には三司官に昇任。近世琉球の名族となる馬氏の初代となっている。古琉球期の奄美と沖縄の関係をみるうえで重要な人物である。<参考文献>先田光演『与湾大親』(宇検村振興育英財団)

(田名真之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

与湾大親の関連キーワードグィッチャルディーニパトモス島恩寵の巡礼ノルウェー文学パラグアイ横浜市の要覧堀部邸明智秀満足利義昭アスンシオン