コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩寵の巡礼 おんちょうのじゅんれいPilgrimage of Grace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恩寵の巡礼
おんちょうのじゅんれい
Pilgrimage of Grace

1536年イギリス北部で起った反政府暴動。宗教改革,特に修道院解散に反対した一揆で,それにエンクロージャーへの反感が加わった。ジェントリーのロバート・アスクを指導者として数県に広がったが,政府の懐柔工作により戦わずして壊滅し,指導者の多くは処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恩寵の巡礼
おんちょうのじゅんれい
Pilgrimage of Grace

ヘンリー8世治下のイングランド北部に起こった反乱(1536~37)。原因としては、北部ジェントリの中央権力に対する不満、「囲い込み」と地代の上昇により惹起(じゃっき)された農民の苦境、小修道院解散を頂点とする宗教的変革への抵抗などがあげられる。初めリンカーンシャーに発した一揆(いっき)(1536年10月)は容易に鎮圧されたが、ヨークシャーで法律家アスクRobert Aske(?―1537)の指導下に始まった騒動は、ヨーク市を占拠、ドンカスターに3万人を集めた(10月24日)。政府側のノーフォーク公は反徒と休戦、彼らの諸要求を国王に提示すること、議会の改革、クロムウェルの処罰などを約した。また大赦が宣せられたので、一揆はアスクの説得に従い解散した(12月6日)。そののち、国王側はジェントリと一般農民との分裂を策し、約束の守られないことに怒って後者が再蜂起(ほうき)する(1537年1月)と、これを徹底的に弾圧、多数の農民を処刑した。反乱の収拾後、さらに「北部評議会」を設置(同年10月)、絶対主義権力の浸透が図られた。[植村雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の恩寵の巡礼の言及

【宗教改革】より

…その理由としては国家財政強化説が有力であって,没収修道院領は漸次売却されて,主としてジェントリーの富を豊かにした。36年の小修道院解散法が議会を通過してまもなく,北部諸州で〈恩寵の巡礼〉と呼ばれる農民反乱がおこり,宗教改革,修道院解散の反対を唱えつつ,囲込み反対,農民保有地の保全を要求したが,鎮圧されてしまった。この時期の国教会の教義は〈十ヵ条〉(1536),《主教の書》(1537)にみられ,保守・改革両派の対立の結果,カトリック,プロテスタント両要素が混在している。…

※「恩寵の巡礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恩寵の巡礼の関連キーワードカンバーランド(伯・公家)エクセター(公・侯・伯家)ベッドフォード(伯・公家)イギリス史(年表)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android